PR

スポーツ スポーツ

【競馬】武幸四郎調教師が初出走勝利 兄の武豊が騎乗で

Messenger
自厩舎の初出走初勝利の武幸四郎調教師(手前)、鞍上は武豊騎手=3日、阪神競馬場(撮影・榎本雅弘)
自厩舎の初出走初勝利の武幸四郎調教師(手前)、鞍上は武豊騎手=3日、阪神競馬場(撮影・榎本雅弘)

 日本中央競馬会(JRA)で昨年2月の騎乗を最後に引退して調教師となり、厩舎を開業したばかりの武幸四郎調教師が、3日の阪神第1レースにおいて兄の武豊騎手が騎乗した1番人気のグアンで初出走、初勝利を挙げて幸先のいいスタートを切った。

 JRA初出走で初勝利を挙げた調教師は、2011年の高橋義忠調教師以来。騎手としてJRA通算693勝を挙げるなど活躍した武調教師は「ほっとした。調教師としての初勝利は騎手の時とはまた違うものを感じている。レースは結果というよりも、まずは無事に戻ってきてほしいという気持ちで見ていた」などとコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ