PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球】中日、楽天の選手ら黙とう 星野仙一氏の追悼試合

星野仙一さん追悼試合の開始前、特別ユニホームで黙とうを捧げる中日の選手たち=3日、ナゴヤドーム(撮影・村本聡)
Messenger

 プロ野球の中日で選手、監督を務め、1月4日に70歳で死去した星野仙一氏をしのび、3日、名古屋市東区のナゴヤドームで行われた中日-楽天のオープン戦は追悼試合として開催された。試合前はセレモニーが執り行われ、喪章をつけた両球団の選手らが黙祷(もくとう)。大型ビジョンには星野氏の映像が流された。

 ゲート付近には献花台が設置され、ファンが次々と花を手向けた。場内では追悼パネル展が開かれ、星野氏が掲載された新聞紙面が飾られた。入場者は懐かしむように見入り、思いをはせた。球場の球団旗などは半旗として掲げられた。

 中日の選手らは星野氏が監督時代に着ていたデザインのユニホームを着用。同氏が選手時代につけた「20」を背番号に、監督時代の「77」を胸の番号につけて試合に臨んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ