PR

スポーツ スポーツ

【レスリング】日本協会、来週中にも伊調と栄氏の双方から事情聴取 パワハラ問題で

Messenger

■伊調 馨(いちょう・かおり)

 1984(昭和59)年6月13日生まれ、33歳。青森・八戸市出身。兄、姉の影響でレスリングを始める。愛知・中京女大付(現至学館)高、中京女(現至学館)大を経てALSOK。五輪は2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン、16年のリオデジャネイロと女子の個人種目で全競技を通じて史上初の4連覇を達成。世界選手権は02年からの5連覇を含め10度の優勝。14年に63キロ級から58キロ級に転級。16年10月に国民栄誉賞を受賞した。1メートル66。

■栄 和人(さかえ・かずひと)

 1960(昭和35)年6月19日生まれ、57歳。鹿児島・笠利町(現奄美市)出身。日体大卒。フリースタイル62キロ級で87年世界選手権銅メダル、88年ソウル五輪出場。92年バルセロナ五輪代表を逃して指導者に専念。2003年に中京女(現至学館)大レスリング部監督に就任。吉田沙保里、伊調馨らを育てた。

■公益認定等委員会

 内閣府に設置され、社団法人や財団法人の公益性を審議、認定する。立ち入り検査などを行って運営の実態を把握し、問題のある法人には勧告、公益認定の取り消しなどを行う。会計処理や財政基盤、理事会や総会・評議員会が適切に開催されているかなど組織のガバナンス(統治)もチェックする。スポーツ界では過去に全日本柔道連盟や全日本テコンドー協会、日本近代五種協会、日本アイスホッケー連盟が勧告を受けた例がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ