産経ニュース

【東京マラソン】男子マラソン日本記録保持者・高岡寿成さんに聞く 「誰にも負けないところ、力に」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【東京マラソン】
男子マラソン日本記録保持者・高岡寿成さんに聞く 「誰にも負けないところ、力に」

高岡寿成さん 高岡寿成さん

 GCには、17年夏から19年春までの国内主要大会「GCシリーズ」で、日本陸連が定めた順位とタイムをクリアした選手などが出場できる。男子は、これまでに大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)や川内優輝(埼玉県庁)ら6人が出場権を獲得している。

 マラソン代表選考は、これまで条件の異なる複数レースの結果と内容を、日本陸連内で比較検討する形だった。専門家の“目利き”がメダル獲得につながった例もあった一方で、微妙な裁定で議論を呼ぶことも少なくなかった。日本陸連はその点も踏まえ、より注目度の高まる東京五輪に向けては条件を明確化し、自動的に3人の代表が選出される仕組みとした。

 この新方式のポイントは、GCシリーズとGCと2度、結果を残さなければ五輪切符をつかめない点。日本陸連としては、ここぞの勝負で力を発揮できる「調整能力」を見極め、地元開催の重圧の中でも自分の走りを貫ける選手を選びたい考えだ。

 今回の東京マラソンもGC出場権が懸かる「GCシリーズ」の一つ。日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「尊敬され、日本中を元気にする選手が出て来るようにと、このシリーズを作った。1人でも多く記録、順位を突破してもらいたい」と期待を寄せている。

                  

続きを読む

このニュースの写真

  • 男子マラソン日本記録保持者・高岡寿成さんに聞く 「誰にも負けないところ、力に」
  • 男子マラソン日本記録保持者・高岡寿成さんに聞く 「誰にも負けないところ、力に」

関連ニュース

「スポーツ」のランキング