産経ニュース

【東京マラソン】全ランナーの顔写真登録を初実施 不正出場など防止

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【東京マラソン】
全ランナーの顔写真登録を初実施 不正出場など防止

25日開催の東京マラソンのランナー受付が開始された。今年から導入した顔認証のために写真撮影を行うランナーら=22日午前、東京都江東区(佐藤徳昭撮影) 25日開催の東京マラソンのランナー受付が開始された。今年から導入した顔認証のために写真撮影を行うランナーら=22日午前、東京都江東区(佐藤徳昭撮影)

 東京マラソンのランナー受付が22日、東京都江東区の東京ビッグサイトで始まった。東京マラソン財団は今年初めて全ランナーの顔写真登録を実施。本人になりすます不正出場などを防止し、より安全な運営を目指す。

 不審人物の進入を防ぎたい同財団は昨年、ランナーが、取り外し不可のQRコード付きリストバンドを装着するシステムを導入。顔写真の登録は、過去に一部で試行した例があったが、今年からは約3万6千人の全ランナーを対象に実施することにした。

 ランナーたちは受付で、ナンバーカードを胸元に掲げ、パソコンに接続された小型カメラで写真を撮影。千葉県八千代市の女性(47)は「念には念を入れてということですよね。2年後に東京五輪もあるし、こういう取り組みをやってみるのは良いことでは」と話した。

 同財団は、別人の出走防止に加え、「レース前にリストバンドやナンバーカードをなくしてしまった場合や、レース中の体調不良など、本人確認が必要な不測の事態にも備えるため」と導入の理由を説明している。

このニュースの写真

  • 全ランナーの顔写真登録を初実施 不正出場など防止
  • 全ランナーの顔写真登録を初実施 不正出場など防止
  • 全ランナーの顔写真登録を初実施 不正出場など防止
  • 全ランナーの顔写真登録を初実施 不正出場など防止
  • 全ランナーの顔写真登録を初実施 不正出場など防止

「スポーツ」のランキング