産経ニュース

【スポーツ異聞】世界的に波紋広がるF1・グリッドガール廃止 「フェミニストが仕事奪う」と反発も

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
世界的に波紋広がるF1・グリッドガール廃止 「フェミニストが仕事奪う」と反発も

2017年5月のF1シリーズ、モナコ・グランプリの会場で華を添えたグリッドガールたち(AP) 2017年5月のF1シリーズ、モナコ・グランプリの会場で華を添えたグリッドガールたち(AP)

 自動車レースの最高峰・F1で、2017年に商業権を得たリバティメディア(米国)は1月31日、18年シーズンからF1カーの横でネームボードやレーサーナンバーの入ったボードなどを掲げる「グリッドガール」を廃止すると発表し、世界的に波紋を広げている。「現代の社会的規範にそぐわない」というのが理由だ。フェミニスト団体が数年前から廃止を訴えてきた。ところが、当事者のグリッドガールは「多くの女性から仕事を奪っている」などと反発。好きな仕事を続ける権利のために断固闘うとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への書き込みもあった。

 米USA TODAY紙、英インディペンデント紙など欧米のメディアがF1の「グリッドガール」の廃止をこぞって報じた。興行主のリバティメディアは、露出度の高い女性がレース前にスタート地点付近を歩き回る習慣が「現代社会の規範と全く矛盾していると感じる」と運営責任者として説明した。フェミニスト団体は、スポーツ界が女性を単なる「飾り物」として扱ってきたなどと主張。インディペンデント紙は、プロのダーツ組織が選手を舞台へ誘導する女性の使用を取りやめたことを発表した数日後に決定が下されたとし、グリッドガール廃止に影響を及ぼしたと報じた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 世界的に波紋広がるF1・グリッドガール廃止 「フェミニストが仕事奪う」と反発も
  • 世界的に波紋広がるF1・グリッドガール廃止 「フェミニストが仕事奪う」と反発も

「スポーツ」のランキング