産経ニュース

平昌五輪、メダル量産!? 日本過去最多15個、金は羽生ら4個 米データ会社予測

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


平昌五輪、メダル量産!? 日本過去最多15個、金は羽生ら4個 米データ会社予測

 スポーツデータの分析、提供などを行う米国のデータ専門会社、グレースノートは10日、平昌五輪開幕30日前に合わせて全種目のメダル予測を発表し、日本はメダル総数で過去最高の15個、金メダルは1998年長野五輪の5個に次ぐ4個となった。最新の競技結果や選手の動向を分析し、現時点で五輪が行われたとの想定で算出した。

 日本の金メダルには、フィギュアスケートでソチ五輪を制した男子の羽生結弦(ANA)と団体、スピードスケート女子で500メートルの小平奈緒(相沢病院)と団体追い抜きが挙がった。小平は今季世界記録をマークした1000メートルでも女子1500メートルの高木美帆(日体大助手)とともに銀メダル予想となった。ノルディックスキーのジャンプ女子はワールドカップ(W杯)最多通算53勝の高梨沙羅(クラレ)が金を逃して銀、伊藤有希(土屋ホーム)が銅。複合の渡部暁斗(北野建設)が個人ラージヒルで銀、フリースタイルスキーの世界選手権で優勝した女子ハーフパイプの小野塚彩那(石打丸山ク)は銀、男子モーグルの堀島行真(中京大)は銅、フィギュアスケート男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)は銅と予測した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 平昌五輪、メダル量産!? 日本過去最多15個、金は羽生ら4個 米データ会社予測

「スポーツ」のランキング