産経ニュース

【カヌー薬物混入】小松正治選手「絶望感があった」 鈴木康大選手には「反省を」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【カヌー薬物混入】
小松正治選手「絶望感があった」 鈴木康大選手には「反省を」

禁止薬物を混入されたことなどについて、取材に応じるカヌーの小松正治選手=10日午前、石川県小松市 禁止薬物を混入されたことなどについて、取材に応じるカヌーの小松正治選手=10日午前、石川県小松市

 昨年9月のカヌー、スプリント日本選手権で飲み物に禁止薬物を混入されてドーピング検査で陽性となり、その後暫定的な資格停止処分を解除された小松正治選手(25)=愛媛県協会=が10日、日本代表の合宿先である石川県小松市内で取材に応じ、混入した鈴木康大選手(32)=福島県協会=について「やってしまったことが重大なので仕方ない。今は反省をしてほしい」と話した。

 小松選手はその上で「自白してくれなかったら資格停止処分のままだった。そこに関しては感謝したい」と付け加えた。冒頭では「まさか日本でこういうことがあるとは思わなかった」と語るなど、終始硬い表情だった。

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)に、一度は暫定的な資格停止処分を科された小松選手は「東京はもう無理だ、という絶望感があった」という。この事実を真っ先に鈴木選手に伝えると「取りあえず日本カヌー連盟に相談したら」と返答されたという。

関連トピックス

「スポーツ」のランキング