PR

スポーツ スポーツ

【春の高校バレー】東亜学園、2大会連続の決勝ならず

Messenger

 東亜学園は洛南に競り負け、2大会連続の決勝に一歩届かなかった。「相手が“2枚”くらい上だった。微妙な駆け引きのところで1、2点が取れなかった」と佐藤俊博監督。1-1で迎えた第3セットを23-25で落とすと、サーブで乱された第4セットは大差をつけられた。

 準優勝した前回も主力だった小田島拓也(3年)は「佐藤先生を胴上げできなかったのが悔しい」と号泣。「2年生は1つ上、2つ上の悔しさを知っているので、自分たちの色を出して頑張ってほしい」と王座奪還を後輩に託した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ