産経ニュース

有馬記念はキタサンブラックが制し有終の美飾る

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


有馬記念はキタサンブラックが制し有終の美飾る

最終レース後に行われたキタサンブラック号お別れセレモニー=24日、中山競馬場(撮影・奈良武) 最終レース後に行われたキタサンブラック号お別れセレモニー=24日、中山競馬場(撮影・奈良武)

 競馬のグランプリレース、第62回有馬記念(GI)は24日、中山競馬場(11R、芝2500メートル)に16頭が出走して争われ、1番人気のキタサンブラック(武豊騎乗、牡5歳)が2分33秒6で優勝し、優勝賞金3億円を獲得した。今回が引退レースとなったキタサンブラックは有馬記念3度目の出走で初の制覇となった。GI7勝目で歴代最多に並んだ。

 いつもの戦法である先頭でレースを進めたキタサンブラックは、最後の直線で後続を突き放す格好で先頭でゴール。2着の8番人気、クイーンズリングに1馬身1/2差をつける完勝で“有終の美”を飾った。3着には3番人気のシュヴァルグランが入った。

 引退レースでキタサンブラックを勝利に導いた武豊騎手は「最高にうれしいです。悔いの残らないようにキタサンブラックの走りをさせることを考えた。スタートである程度レースを決めようと、迷うことなく先手を取った。(勝てて)ホッとしました。本当に名馬に出会えて光栄です。騎手として幸せな時間を過ごせた。どうしても勝ちたかった」と胸中を語った。

 主な払い戻しは、単勝(2)190円▽複勝(2)120円(3)550円(10)180円▽枠連〔1〕〔2〕1600円▽馬連(2)(3)3170円▽馬単(2)(3)3810円▽3連複(2)(3)(10)5420円▽3連単(2)(3)(10)25040円

このニュースの写真

  • 有馬記念はキタサンブラックが制し有終の美飾る
  • 有馬記念はキタサンブラックが制し有終の美飾る
  • 有馬記念はキタサンブラックが制し有終の美飾る
  • 有馬記念はキタサンブラックが制し有終の美飾る

関連ニュース

「スポーツ」のランキング