産経ニュース

【舞の海の相撲俵論】おごる白鵬の悲劇 陰口が横行するいまの日本が作り上げた大横綱

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【舞の海の相撲俵論】
おごる白鵬の悲劇 陰口が横行するいまの日本が作り上げた大横綱

嘉風との取組後、待ったをアピールするが、審判(下)に土俵に上がるよう促される白鵬=22日、福岡国際センター 嘉風との取組後、待ったをアピールするが、審判(下)に土俵に上がるよう促される白鵬=22日、福岡国際センター

 長きにわたる大相撲の伝統がここまで崩れてしまうとは。

 九州場所11日目。白鵬が嘉風に敗れた一番だ。ふわっと立った相手にもろ差しを許し一方的に寄り切られた。すると、物言いや待ったをアピールするかのように右手を挙げて土俵下で立ち尽くす。審判から促され、1分以上たってからようやく土俵に上がったが、明らかに不満げな表情。今度は仁王立ちのまましばらく引き揚げようとしなかった。

 張り差しやかちあげをさけるために工夫した嘉風の術中にはまっただけのこと。例えるなら、じゃんけんをして嘉風がグーを出し、チョキを出した白鵬は「ごめんごめん、自分はパーを出すつもりだったが、チョキを出しちゃった。やり直そう」と言い訳しているかのよう。

 土俵へ上がらずに時間を稼げば「白鵬が納得していないのだから」と観客も味方して審判員の誰かが折れ、仕方なく物言いをつけてくれるとでも思ったのか。おごりを感じる。

 力士は自分が納得できなくても静かに引き下がらなければいけない。そこでぐっとこらえるのが最も大切な修行である。白鵬が日本の大相撲の精神を何も理解していなかったことが証明された。

続きを読む

「スポーツ」のランキング