産経ニュース

【月刊パラスポーツ】パラアイスホッケー・熊谷昌治 いざ平昌へ「競技の火 絶やさない」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【月刊パラスポーツ】
パラアイスホッケー・熊谷昌治 いざ平昌へ「競技の火 絶やさない」

平昌パラリンピック最終予選のスウェーデン戦で、攻め上がる熊谷(手前) =10月、スウェーデン(共同) 平昌パラリンピック最終予選のスウェーデン戦で、攻め上がる熊谷(手前) =10月、スウェーデン(共同)

 開幕まで100日を切った平昌パラリンピックに、アイスホッケー日本代表が2大会ぶりの出場を決めた。10月の最終予選突破の立役者となったのは、チーム最多の4得点を挙げたFWの熊谷昌治(42)=アディダスジャパン。失意からパラアスリートとの出会いを機に、事故で負った障害を克服。いまでは競技人口の拡大へ向け「出場だけで満足してはいけない」と人一倍の覚悟を持っている。(川峯千尋)

 その時のことは、今でも鮮明に思い出せる。2008年8月、バイクで国道を走行中に対向の右折車にはね飛ばされた。4カ月後、右足の膝下を切断。「これから、妻にも子供にも迷惑をかけて生きるのか」。当時33歳。不安がこみ上げ、病室で何度も泣いた。

 退院後に義足のハイジャンパー、鈴木徹さんの講演に足を運んだ。同じ障害を持ちながら、ぴょんぴょんと跳ね回る姿に希望を見つけた。「自分も何かできるかもしれない」

 車いすバスケや陸上、水泳なども体験したが、アイスホッケーを選んだのは、知人で10年バンクーバー大会での銀メダル獲得に貢献した吉川守(中部電力)の存在があったから。「やるなら本気で、結果を出している人たちとプレーしたい」。競技開始3カ月で代表入りを果たすと、ひたむきに練習に励んだ。

続きを読む

「スポーツ」のランキング