産経ニュース

メットライフドームなど大規模改修へ 西武ライオンズ、40周年で事業計画を発表

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


メットライフドームなど大規模改修へ 西武ライオンズ、40周年で事業計画を発表

40周年を記念し、改修事業計画を発表した埼玉西武ライオンズの後藤高志オーナー(中央)ら=15日、東京都千代田区 40周年を記念し、改修事業計画を発表した埼玉西武ライオンズの後藤高志オーナー(中央)ら=15日、東京都千代田区

 平成30年4月17日には球団初となる東京ドームでの主催試合を実施し、その際に16~20年まで着用して2度日本一に輝いた際のユニホームを着用して試合に挑む。同ユニホームは30年6月29日~7月1日のメットライフドームの試合でも着用する。また、通常時のユニホームには左袖に40周年記念エンブレムをデザインするという。

 会見には、今年の首位打者となった秋山翔吾外野手(29)と最多勝と最優秀防御率を獲得した菊池雄星投手(26)も同席。秋山選手は「自分と雄星は日本一を経験したことがないが、来年こそ優勝する。そのための事業計画だと思っている」と意気込んだ。

「スポーツ」のランキング