産経ニュース

【大相撲九州場所】壮観な3面土俵の木瀬部屋 50人超す力士で壮観

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大相撲九州場所】
壮観な3面土俵の木瀬部屋 50人超す力士で壮観

珍しい三面土俵がある木瀬部屋=2日午前、福岡市東区(藤原翔撮影) 珍しい三面土俵がある木瀬部屋=2日午前、福岡市東区(藤原翔撮影)

 大相撲の木瀬部屋が九州場所(12日初日、福岡国際センター)に向けて稽古に励む宿舎(福岡市東区)には3面の土俵がある。東京・両国の相撲教習所も3面土俵だが、各部屋としては珍しく、土俵づくりに携わった呼び出しも「聞いたことがない」。

 2日は伊勢ノ海部屋、玉ノ井部屋、山響部屋から関取らが出稽古に訪れ、50人以上の力士が土俵まわりに集結。壮観な光景が広がった。

 昨年までは2面だったが、後援者の計らいで改装。師匠の木瀬親方(元幕内肥後ノ海)は「自分が現役の頃は土俵の取り合いで、たくさん稽古するには朝5時頃から始めるしかなかったが、3面あればいくらでもできる。いまは7時から始められてしっかり睡眠時間も確保できる。ありがたい」と感謝している。

「スポーツ」のランキング