産経ニュース

【ボクシング】涙の新王者包んだ大歓声 雪辱の村田諒太

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ボクシング】
涙の新王者包んだ大歓声 雪辱の村田諒太

会見に訪れたアッサン・エンダム(左)と健闘をたたえあう村田諒太=両国国技館(撮影・長尾みなみ) 会見に訪れたアッサン・エンダム(左)と健闘をたたえあう村田諒太=両国国技館(撮影・長尾みなみ)

 涙の新王者を大歓声が包んだ。22日に東京都墨田区の両国国技館で行われた世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチで村田諒太(31)=帝拳=が、王者のアッサン・エンダム(33)=フランス=にTKO勝ちした。採点が議論を呼んだ前回対戦から5カ月。2012年ロンドン五輪金メダリストが雪辱を果たした。

 村田は5月の試合の数時間後に母校の南京都高(現京都広学館高)の友人らが集まったバーに顔を出した。そこでは判定に不服を示さず静かにシャドーボクシングをした。1学年後輩の平松孝澄さんは「自分の方が泣きそうで、逆に『しょうがないやろ』と励まされてしまった」と述懐する。

 村田はリング上のインタビューで「勝つということは相手を踏みにじり、その上に自分が立つということ。勝つ人間は責任が伴う」と、高校時代の恩師で平成22年に亡くなった武元前川さんの教えを口にした。試合を見守った武元さんの妻、敬子さんは「すごい重圧の中、本当に頑張った。いつまでも謙虚」と感極まった表情を浮かべた。

このニュースの写真

  • 涙の新王者包んだ大歓声 雪辱の村田諒太

「スポーツ」のランキング