産経ニュース

元大関若嶋津の二所ノ関親方が緊急手術 一時意識不明も命に別条なし

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


元大関若嶋津の二所ノ関親方が緊急手術 一時意識不明も命に別条なし

発見された現場付近には多くの報道陣の姿が。深夜まで冷たい雨が降り続いた (撮影・蔵賢斗) 発見された現場付近には多くの報道陣の姿が。深夜まで冷たい雨が降り続いた (撮影・蔵賢斗)

 病院には尾車親方(元大関琴風)、陸奥親方(元大関霧島)、高田川親方(元関脇安芸乃島)らがかけつけ、夫人の元人気歌手、高田(旧姓)みづえさん(57)も付き添った。湊川親方は「元気に復活してくれると信じている」と話した。警察によると、発見時には話ができる状態だったが、その後意識不明となったという。部屋でただ一人の幕内力士、松鳳山や行司は現在行われている秋巡業に参加中だった。

 日本相撲協会の理事で、要職の審判部長を務めている二所ノ関親方は鹿児島・種子島出身。鹿児島商工(当時)の高校相撲で活躍。厳しい稽古に定評のあった二子山部屋へ入門した。同部屋の元大関貴ノ花が初優勝した昭和50年春場所初土俵。57年九州場所後に大関に昇進。精悍(かん)な顔立ちと浅黒い肌から「南海の黒ひょう」との異名を取った。

 病院で二所ノ関親方を見舞った尾車親方(元大関琴風) 「僕の一番の大親友。早くよくなって協会のために頑張ってほしい。回復を祈っている。おかみさんとちょっと話をした」

続きを読む

このニュースの写真

  • 元大関若嶋津の二所ノ関親方が緊急手術 一時意識不明も命に別条なし

「スポーツ」のランキング