産経ニュース

元大関若嶋津の二所ノ関親方が緊急手術 一時意識不明も命に別条なし

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


元大関若嶋津の二所ノ関親方が緊急手術 一時意識不明も命に別条なし

発見された現場付近には多くの報道陣の姿が。深夜まで冷たい雨が降り続いた (撮影・蔵賢斗) 発見された現場付近には多くの報道陣の姿が。深夜まで冷たい雨が降り続いた (撮影・蔵賢斗)

 大相撲の元大関若嶋津の二所ノ関親方(60)=本名・日高六男=が19日、千葉・船橋市内の路上で倒れているのを通行人に発見され、同市内の病院で頭部の手術を受けた。意識不明の重体となったが、命に別条はないという。現役時代に南海の黒ひょうと呼ばれた元人気力士の回復が待たれる。(サンケイスポーツ)

 衝撃的な一報が相撲界を駆け巡った。船橋署によると、二所ノ関親方は19日午後4時20分すぎ、船橋市行田2丁目の路上で発見され、目立った外傷はなく、体の右側を下にして横向けに倒れていた。血などは流していなかったという。近くに自転車が倒れていたが、事件性は低いとみている。現場は同市内にある二所ノ関部屋近くの住宅や公園がある地域。

 搬送された同市内の病院で午後11時から取材に応じた部屋付きの湊川親方(元小結大徹)によるとこの日の稽古後、部屋近くのサウナに自転車で向かい、その帰りに転倒。飲酒については否定し、自損の事故であるとした。搬送先の病院で午後5時20分から頭部の手術を受けた。同10時に終了し、集中治療室に入った。手術後に一時意識を回復し、その後は眠っているような状態という。病院側の説明では命に別条はないという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 元大関若嶋津の二所ノ関親方が緊急手術 一時意識不明も命に別条なし

「スポーツ」のランキング