産経ニュース

【サッカー日本代表】W杯へチャンス生かせ 交代枠フル活用、見極める

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【サッカー日本代表】
W杯へチャンス生かせ 交代枠フル活用、見極める

公式練習で走る武藤。生き残りを誓った=豊田スタジアム(中井誠撮影) 公式練習で走る武藤。生き残りを誓った=豊田スタジアム(中井誠撮影)

 ハリルホジッチ監督は試合の狙いを一言に凝縮した。「チャンスを生かしてもらいたい」。6大会連続となるW杯切符をつかんだアジア最終予選などで出番が少なかった選手を見極める考えで、6人の交代枠をフル活用する意向も示した。

 約8カ月後の本番まで残されたアピールの場は多くない。指揮官は「ロシアへのチケットを確約できる選手はいない」と強調し、選手たちに短期間でより質の高い競争を促している。

 W杯本大会に向かう23人枠の当落線上にいるとみられ、昨年9月のタイ戦以来、約1年ぶりの出場を目指す武藤(マインツ)は、「非常に重要な機会。逃すわけにはいかない」と言葉に熱をこめた。実績がある香川(ドルトムント)も「ここで実力を証明したい」と気を抜いていない。

 相手は11月にW杯出場をかけ南米勢とのプレーオフを控える。指揮官が求める1対1の激しさがあり、プレー内容が問われる。久保(ヘント)は「個人のアピールの場」ととらえ、長所のドリブルを前面に出す考えだ。

 合宿はW杯本番を想定した雰囲気になりつつある。監督は、「ネイマールに置いていかれるぞ」などとトップ選手を念頭に指示を出し、「準備を怠れば後悔し屈辱を味わう」と、入念な準備を求めている。生き残りをかけた戦いは、厳しさを増していく。(小川寛太)

「スポーツ」のランキング