産経ニュース

【バレー女子】仙台から姫路への譲渡は無効 「規定の整備できていなかった」Vリーグ機構が説明

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【バレー女子】
仙台から姫路への譲渡は無効 「規定の整備できていなかった」Vリーグ機構が説明

 日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)は24日、女子で2部相当のチャレンジリーグに所属していた仙台ベルフィーユから、兵庫県姫路市に拠点を置くクラブチーム姫路へのチーム譲渡を一度は承認しながら無効としたことについて東京都内で記者会見し、嶋岡健治会長は「譲渡に関する規定を整備できていなかった」と説明した。

 譲渡の際に移籍選手の明確な人数規定がなく、理事会は今回、仙台の選手の約7割となる8選手の移籍を条件として両チームに口頭で説明した。姫路側からの提出書類に8選手との記載があったため7月29日の理事会で承認。しかし、実際は仙台側が誤認して3選手だったため、8日に両チームから説明を受け、9日の理事会で取り消した。再発防止策として譲渡規約の改訂を検討する。

「スポーツ」のランキング