産経ニュース

【フェンシング】世界選手権銀の西藤俊哉、銅の敷根崇裕が帰国 敷根、メダル破損に「ショックです…」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【フェンシング】
世界選手権銀の西藤俊哉、銅の敷根崇裕が帰国 敷根、メダル破損に「ショックです…」

破損してしまった世界選手権の銅メダルを手に、少し悲しそうな表情の敷根崇裕=28日、東京都大田区(川峯千尋撮影) 破損してしまった世界選手権の銅メダルを手に、少し悲しそうな表情の敷根崇裕=28日、東京都大田区(川峯千尋撮影)

 ドイツ・ライプチヒで開催されたフェンシングの世界選手権男子フルーレ個人で銀メダルを獲得した西藤俊哉(20)や敷根崇裕(19)=ともに法大=が28日、羽田空港に帰国した。ともにメダルをかけて取材を受ける予定だったが、敷根の首元にメダルはなく、「スーツケースから出したら壊れてしまっていて…」。ポケットから出した銅メダルはひもをつなぐ部分が破損しており、「世界大会では初めてのメダルだったのでショックです」と苦笑いを浮かべた。

 個人種目としては前回2015年大会の男子フルーレを制した太田雄貴以来のメダル獲得で、1大会の個人種目で複数メダルを得たのは初の快挙となった。

 憧れの太田からメダルを授与された際は「メダルを目標としていたので、本当にうれしかった」と敷根。意気揚々と凱(がい)旋(せん)するつもりだったが、メダルを厳重に包まずにしまっていたため悲劇に見舞われた。それでも、「昔から僕は金メダルしか興味なかったので。銅メダルはしまっておきます」と気丈に話した。

 昨年の世界ジュニアで優勝を果たし、“第2の太田雄貴”としても期待される。「東京五輪へ、いいスタートになったんじゃないかなと思う。東京では金メダル取れるように頑張ります」。余韻に浸ることなく、さっそく前を向いた。(川峯千尋)

このニュースの写真

  • 世界選手権銀の西藤俊哉、銅の敷根崇裕が帰国 敷根、メダル破損に「ショックです…」
  • 世界選手権銀の西藤俊哉、銅の敷根崇裕が帰国 敷根、メダル破損に「ショックです…」

「スポーツ」のランキング