産経ニュース

【MLB】「全く違うスタジアムに見えた」 青木宣親がプロ初登板果たす 最速は126キロ

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【MLB】
「全く違うスタジアムに見えた」 青木宣親がプロ初登板果たす 最速は126キロ

ヤンキース戦の9回、プロ初登板を果たし、1回を1安打3失点だったアストロズ・青木=ヒューストン(ゲッティ=共同) ヤンキース戦の9回、プロ初登板を果たし、1回を1安打3失点だったアストロズ・青木=ヒューストン(ゲッティ=共同)

 アストロズの青木が日米を通じてプロ初登板を果たした。

 劣勢となった4-10の九回にマウンドへ。最初はストライクが入らずに先頭から2者連続で歩かせると、9番カーターに左中間適時二塁打を浴びる。さらにはガードナーの犠飛と内野ゴロの間に1点ずつを失った。

 それでも徐々に制球が定まりだし、最後は最速78マイル(約126キロ)で強打者ジャッジを中飛に打ち取る。場内から大きな歓声が上がり、青木は苦笑いしながらベンチに引き揚げた。

 ■青木の話「出番がないと思っていたので、びっくりした。全く違うスタジアムに見えた。とりあえずストライクを取ろうと思った。実際にこういう形で(登板機会が)巡ってきて、うれしかった」(共同)

このニュースの写真

  • 「全く違うスタジアムに見えた」 青木宣親がプロ初登板果たす 最速は126キロ
  • 「全く違うスタジアムに見えた」 青木宣親がプロ初登板果たす 最速は126キロ

「スポーツ」のランキング