産経ニュース

【ボクシング】木村悠・リーグ戦の記憶「後楽園ホールのリングは誰でも立てる舞台ではない」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ボクシング】
木村悠・リーグ戦の記憶「後楽園ホールのリングは誰でも立てる舞台ではない」

勤務先のFiNCにて 勤務先のFiNCにて

 東京・JR有楽町駅前で待ち合わせをした。信号を待つ姿は、ボクサーではなく、さわやかな好青年だった。「商社マンボクサー」と言われた元プロボクシング世界チャンピオンは、かつて関東大学ボクシングリーグ戦で法大のポイントゲッターとして活躍した。現在、株式会社FiNCにてヘルスケアソリューション兼アスリートサポート室長を務める木村悠さんに、関東大学ボクシングリーグ戦について話を聞いた。

--ボクシングを始めたきっかけは

中学校ではサッカー部のキャプテンだった。学校が荒れていたこともあり、部員とケンカをしてボコボコにされた。そのころ、テレビ番組で少年ボクサーが紹介されていたのに影響され、中学3年の頃からボクシングを始めた。その番組には、のちに同じ高校のボクシング部に一年後輩として入部する、将来の高校6冠、プロ2階級制覇世界王者、粟生隆寛が出演していた。

高校はボクシング部に入部するため、市立習志野高校に進学。高校時代の実績はインターハイ3位、国体準優勝。

ちなみに、中学3年生の時に通っていたボクシングジムにて、初めてスパーリングした相手が粟生隆寛で、ボコボコにされている。

--リーグ戦の思い出など

法大は1部リーグ校の中で一番自由な環境で、強豪校だった。その雰囲気が合っていた。

続きを読む

「スポーツ」のランキング