産経ニュース

【陸上】桐生祥秀、10秒24で3度目V 橋岡優輝ら大会新、学生陸上

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【陸上】
桐生祥秀、10秒24で3度目V 橋岡優輝ら大会新、学生陸上

男子100メートル準決勝 力走する桐生祥秀=日産スタジアム 男子100メートル準決勝 力走する桐生祥秀=日産スタジアム

 陸上の関東学生対校選手権第2日は26日、横浜市の日産スタジアムで行われ、男子100メートルは向かい風0・5メートルの条件下、リオデジャネイロ五輪代表の桐生祥秀(東洋大)が10秒24で、2年連続3度目の優勝を果たした。準決勝は10秒15で通過した桐生は決勝では条件にも恵まれず、後半に伸びなかった。

 男子の走り幅跳びは日大1年の橋岡優輝が8メートル04、110メートル障害は金井大旺(法大)が13秒63、女子やり投げは斉藤真理菜(国士舘大)が61メートル07と、いずれも大会新記録で制した。女子100メートルは君嶋愛梨沙(日体大)が11秒73で初制覇した。

 400メートルリレーの男子は中大が勝ち、桐生がアンカーを務めた東洋大は4位。女子は青学大が制した。

「スポーツ」のランキング