産経ニュース

【WBC準決勝速報(6)】菅野智之は五回を終えて72球 米国は好投の先発降板で継投策へ

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【WBC準決勝速報(6)】
菅野智之は五回を終えて72球 米国は好投の先発降板で継投策へ

前のニュース

 四回裏1死から、筒香が四球で出塁したが、中田、坂本勇がいずれも右飛に終わった。

 五回表、菅野は空振り三振、投ゴロ、右飛の三者凡退に抑えた。五回を終えて球数は72球。

 五回裏から、米国は好投していたロアークから、N・ジョーンズに交代。先頭の松田の打球は一ゴロ。投手の一塁カバーが遅れ、セーフの判定となったが、この試合、5度目のリプレー検証の結果、判定が覆り、アウトに。続く秋山、小林も凡退し、走者を出すことはできなかった。

 五回を終了し、米国が1-0とリード。

次のニュース

「スポーツ」のランキング