産経ニュース

【WBC】韓国の金寅植監督が最後の試合 1次リーグ敗退に「若い監督が必要」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【WBC】
韓国の金寅植監督が最後の試合 1次リーグ敗退に「若い監督が必要」

イスラエルに敗れ、さえない表情の韓国・金寅植監督=ソウル(AP) イスラエルに敗れ、さえない表情の韓国・金寅植監督=ソウル(AP)

 延長戦で台湾を下した韓国は3連敗を免れた。1次リーグで敗退したこともあり、金寅植監督は代表監督から退くことを決めた。長年韓国を率い、2006、09年のWBCで日本と熱戦を演じたことなどを思い出に挙げ、「若い監督が必要」と説いた。

 代表の監督として最後の試合は、打ち合いの末に競り勝った。ただ最大の功労者は抑えの切り札で元阪神の呉昇桓だった。8-8の九回無死二塁から登板してピンチを脱し、直後の勝ち越しにつなげた。続く延長十回も抑え、初白星をもたらした。監督は「勝ちに導いてくれた」と賛辞を贈った。(共同)

「スポーツ」のランキング