産経ニュース

【侍ジャパン】山田の“幻の本塁打” 外野スタンドの観客が捕球、ビデオ判定の末、二塁打に変更

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【侍ジャパン】
山田の“幻の本塁打” 外野スタンドの観客が捕球、ビデオ判定の末、二塁打に変更

4回 山田哲人のホームラン性の打球を捕球する観客=東京ドーム(撮影・中井誠) 4回 山田哲人のホームラン性の打球を捕球する観客=東京ドーム(撮影・中井誠)

 今大会で導入されている本塁打での「ビデオ判定」が早速生かされた。

 同点で迎えた四回。2死2塁の好機で打席に入った山田(ヤクルト)は「前の打席で打てなかったので、今度こそは」と燃えていた。低めの変化球をたたくと、打球は放物線を描いて左翼方向へ、そのままスタンドに吸い込まれたように見えた。

 しかし、審判団によるビデオ判定の協議の末、一転して二塁打に。グラブを持った観客が手を伸ばして、インプレーの打球をつかんでいたという判断だった。2ランこそ“幻”となったが、二走の松田が生還し貴重な適時打となった。

このニュースの写真

  • 山田の“幻の本塁打” 外野スタンドの観客が捕球、ビデオ判定の末、二塁打に変更
  • 山田の“幻の本塁打” 外野スタンドの観客が捕球、ビデオ判定の末、二塁打に変更
  • 山田の“幻の本塁打” 外野スタンドの観客が捕球、ビデオ判定の末、二塁打に変更

「スポーツ」のランキング