産経ニュース

【フィギュア】4回転ループの基礎点は12 羽生結弦は15の4回転半にも意欲的

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【フィギュア】
4回転ループの基礎点は12 羽生結弦は15の4回転半にも意欲的

 6種類あるジャンプの難しさは「基礎点」で表される。前向きに跳ぶアクセルを除く4回転で最も難しいのが「ルッツ」で基礎点は「13.6」。宇野が成功させた「フリップ」は「12.3」、羽生が初めて跳んだ「ループ」は「12.0」で続く。多くの選手が跳ぶトーループは「10.3」で最も難度が低い。

 羽生はクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)への挑戦にも意欲的で、史上初の快挙となれば採点規則に載る最高点「15.0」を得る。(共同)

「スポーツ」のランキング