産経ニュース

【陸上】山県「悔しさ4割、嬉しさ6割」 今季三度目の自己新

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【陸上】
山県「悔しさ4割、嬉しさ6割」 今季三度目の自己新

男子100メートルで日本歴代4位となる10秒03で初優勝し、声援に応える山県亮太=ヤンマースタジアム長居 男子100メートルで日本歴代4位となる10秒03で初優勝し、声援に応える山県亮太=ヤンマースタジアム長居

 リオデジャネイロ五輪100メートルで自己記録を更新しても、400メートルリレーで銀メダルを獲得しても、山県の心身が緩むことはなかった。

 「記録を狙いたい」-。今の状態ならタイムを出せるという自信が、レースへの意欲と集中力をかき立てた。

 決勝のピストルへの反応時間は0秒107。五輪で見せたスタートよりもさらに鋭く飛び出した。課題とした中盤では、ケンブリッジの追い上げを許さない加速を見せた。

 五輪後、メディア対応や挨拶回りなど多忙を極めた。うまく時間をやりくりして実戦的な練習を増やすことで、走りの精度を高めてきた。

 追い風0・5メートルで10秒03。日本人初の9秒台まで、距離に換算すればわずか40センチに迫った。「9秒台を狙っていたので悔しかったのが4割、うれしかったのが6割」と控えめに喜んだ。

 自己記録を塗り替えたのは今季3度目。「1本目から(9秒台を)狙っていける準備をしたい」。勢いそのまま、今季最終戦となる10月の岩手国体で悲願達成を狙う。(宝田将志)

このニュースの写真

  • 山県「悔しさ4割、嬉しさ6割」 今季三度目の自己新
  • 山県「悔しさ4割、嬉しさ6割」 今季三度目の自己新
  • 山県「悔しさ4割、嬉しさ6割」 今季三度目の自己新
  • 山県「悔しさ4割、嬉しさ6割」 今季三度目の自己新
  • 山県「悔しさ4割、嬉しさ6割」 今季三度目の自己新

「スポーツ」のランキング