産経ニュース

【大相撲秋場所】5度目の綱取りへ、稀勢の里 初優勝が横綱昇進の条件

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大相撲秋場所】
5度目の綱取りへ、稀勢の里 初優勝が横綱昇進の条件

大相撲秋場所を前に記者会見し、決意を語る大関稀勢の里=29日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋 大相撲秋場所を前に記者会見し、決意を語る大関稀勢の里=29日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋

 届きそうで届かない初優勝と、横綱の地位。「早く自分で捕まえないと。一番が足りない状態で本場所を終えていることが多いから」。稀勢の里は自らを戒めるように言った。

 3場所連続5度目の綱取り。「そろそろ…」との周囲の視線を常に浴びながら土俵に上がる30歳の大関は「いい状態で(秋場所)初日を迎えることだけを考えて」と暑い夏の調整を進めてきた。

 先場所中に右足首を痛めたため、珍しく夏巡業の序盤8日間を休んだ。「高いお金を払って見に来るお客さんがいる中で申し訳ないが、治療に集中させてもらった。万全になるために」。もう痛みはないといい、相撲が取れない時には四股などで身体を動かしてきた。

 13勝を挙げた春と夏は白鵬、12勝の名古屋場所は日馬富士と優勝力士との直接対決で敗北し「本当に悔しい思いをした」。だから、今場所前は調整に変化を加えることも検討している。これまでほとんどなかった両横綱の元へ自ら出稽古する意欲を問われると「それもあるんじゃないですか」と含みを持たせた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 5度目の綱取りへ、稀勢の里 初優勝が横綱昇進の条件

「スポーツ」のランキング