産経ニュース

【東京五輪】IOC総会で野球・ソフトボールなど5競技18種目の追加が決定

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【東京五輪】
IOC総会で野球・ソフトボールなど5競技18種目の追加が決定

東京五輪の追加種目を審議するIOC総会で、スピーチする大会組織委の森喜朗会長=3日、リオデジャネイロ(共同) 東京五輪の追加種目を審議するIOC総会で、スピーチする大会組織委の森喜朗会長=3日、リオデジャネイロ(共同)

 【リオデジャネイロ=森本利優】国際オリンピック委員会(IOC)は3日、リオデジャネイロで開いた総会で、2020年東京五輪の追加種目として、大会組織委員会が提案した野球・ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの5競技18種目を一括承認した。国内で人気の高い野球・ソフトボールは08年北京五輪以来、3大会ぶりの復活。他の4競技は五輪初採用となる。

 五輪開催の魅力を高めるため、開催都市が追加したい種目を提案できる方式になったのは今回が初めて。大会組織委の森喜朗会長は「大変喜ばしく、冷静さを欠くくらい興奮している。パッケージ(一括審議)に理解いただいたIOC委員、各競技団体にも感謝申し上げる」と述べた。

 野球・ソフトボールは、米大リーグがトップ選手の参加に慎重な姿勢を崩しておらず、単独で検討された場合、不採用となることが懸念されていた。総会では、大リーグ選手が参加しない場合の影響などに関心が示されたが、IOC委員の挙手による採決では満場一致だった。

 各競技の会場は野球・ソフトボールが横浜スタジアム(横浜市)、空手が日本武道館(東京都千代田区)、サーフィンは千葉県一宮町、スケートボードとスポーツクライミングは青海(東京都江東区)が大会組織委から案として示され、12月のIOC理事会で承認を得る運びとなった。

 追加種目は1大会に限られ、ロサンゼルスやパリなどが立候補している24年夏季五輪では改めて選ばれる。

このニュースの写真

  • IOC総会で野球・ソフトボールなど5競技18種目の追加が決定

「スポーツ」のランキング