産経ニュース

【大相撲名古屋場所】札止めは11日間、昨年より3日増 熱戦が好影響

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大相撲名古屋場所】
札止めは11日間、昨年より3日増 熱戦が好影響

【大相撲七月場所】千秋楽 ○日馬富士(よりきり)白鵬×=愛知県体育館(高井良治撮影) 【大相撲七月場所】千秋楽 ○日馬富士(よりきり)白鵬×=愛知県体育館(高井良治撮影)

 大相撲名古屋場所は24日、愛知県体育館で千秋楽を迎え、同場所では2年連続で15日間満員御礼となった。入場券完売を意味する「札止め」は昨年より3日間多い11日間だった。

 大関稀勢の里の綱取りが注目され、優勝争いは混戦となった。日本相撲協会の出羽海名古屋場所担当部長(元幕内小城ノ花)は「多くの方に観戦していただき大変ありがたい。熱戦が展開されれば、また来たいと思っていただける」と感謝した。懸賞総本数は1478本。横綱鶴竜と大関琴奨菊が途中休場した影響もあり、昨年の1509本を下回った。

このニュースの写真

  • 札止めは11日間、昨年より3日増 熱戦が好影響

「スポーツ」のランキング