産経ニュース

【舞の海の相撲俵論】嫉妬から生まれる力

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【舞の海の相撲俵論】
嫉妬から生まれる力

 ちょうど私は目標を見失っていた時期だった。新入幕から3年近くがたち、幕内から落ちなければいい、とこなしているだけ。のちに横綱となる若乃花、貴乃花の兄弟、曙、武蔵丸、貴ノ浪、武双山、魁皇らが上位で厚い壁としてたちはだかり、三役へ上がれるとは夢にも思っていなかったのが現実だ。

 智ノ花の三役昇進でこれほど強く嫉妬すると思わなかった。無為に過ごしていた自分を見つめ直す時間を持ち、「同じ三役に上がるまでは絶対に辞められない」と胸の内で誓った。

 それからは稽古に対する姿勢が変わった。小手先でその一番に勝つための相撲を取るのではなく、ある程度力比べをして苦労しながら勝つことを心がけた。そして、智乃花の小結昇進から約半年後の平成6年名古屋場所。ついに三役を狙える地位へ番付を上げた。

続きを読む

「スポーツ」のランキング