産経ニュース

【話の肖像画】雪印メグミルクスキー部監督・原田雅彦(1)人見知りもするさぁ、田舎もんだし…スキーで自信つけるまで全然だめさぁ。

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
雪印メグミルクスキー部監督・原田雅彦(1)人見知りもするさぁ、田舎もんだし…スキーで自信つけるまで全然だめさぁ。

原田雅彦さん(杉浦美香撮影) 原田雅彦さん(杉浦美香撮影)

 飛んだら何が起きるんだろうと興味はあったが、最初は怖くて怖くて飛べなかった。でも滑りだしたら、もうどうしようもない。スピードに任せて落ちたようなものですよ。7メートルぐらいでしたか。ああ、これがジャンプかと、もっと飛びたいと思った。それが原点です。引退のとき、一番印象に残っているジャンプを聞かれ、「最初のジャンプ」と答えたぐらい印象に残っています。

〈活発なイメージだが、人見知りだった〉

 人見知りもするさぁ、田舎もんだし…。幼稚園ではトイレに行きたいと言えず、おもらししたこともある。ズボンが行きと帰りで違ったりしてね。スキーで自信をつけるまで全然だめさぁ。

 山に囲まれ、どこに行くのも自転車。山をひたすら上がって下る。スポーツは万能でしたよ。7つ上の兄の影響で野球をしたら守れるし打てる。サッカーやればシュートも決める。

 ジャンプは少年団だけの試合があって、成績は1位だったかな。メダルをかけてもらったのが続けるきっかけだった。友達は成長するにつれてやめたり、違うスポーツに行ったりしましたが、私はジャンプだった。

「スポーツ」のランキング