産経ニュース

【五輪エンブレム見直し】エンブレム案は8日に公表 「候補者名乗り出ないで」と口止めも

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【五輪エンブレム見直し】
エンブレム案は8日に公表 「候補者名乗り出ないで」と口止めも

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6日、大会エンブレムの最終候補作品を8日夕に公表すると発表した。国民の意見を反映させるため、五輪史上初の試み。今後の審査に予断を与えないよう、公表するのは図案のみとし、作者名などは明らかにしないという。

 組織委によると、最終候補の作者には自らの作品であることを名乗り出ることがないよう“口止め”し、「デザインしたの私だ」などとインターネットなどに書き込んで混乱を招くことを防ぐ。一部作者を優遇する不正が発覚した前回審査を教訓に、今回は審査をするエンブレム委員会のメンバーにも、国籍や年齢などを含めて一切知らせていないという。

 事前公表には、国内外のデザイナーから「自分の作品に酷似している」と指摘がないか▽画像検索などで“パクリ疑惑”が指摘されないか-などをチェックする目的もあり、ネットの動きも注視する方針という。

 エンブレムは昨年11月24日から12月7日まで募集し、子供から大人まで全国から計1万4599件の応募があった。

「スポーツ」のランキング