産経ニュース

【大相撲夏場所】業師の宇良が新十両 19歳佐藤も 番付編成会議

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大相撲夏場所】
業師の宇良が新十両 19歳佐藤も 番付編成会議

新十両昇進を決め、木瀬親方(右)に祝福される宇良=30日、大阪府吹田市の木瀬部屋宿舎 新十両昇進を決め、木瀬親方(右)に祝福される宇良=30日、大阪府吹田市の木瀬部屋宿舎

 日本相撲協会は30日、エディオンアリーナ大阪で大相撲夏場所(5月8日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、関学大出身初の力士で居反りや足取りを得意とする業師の宇良(23)=本名宇良和輝、大阪府出身、木瀬部屋、埼玉栄高出身の佐藤(19)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、貴乃花部屋=の2人が新十両に昇進した。

 宇良は初土俵から所要7場所での新十両で、年6場所制となった1958年以降で旭富士に並び4位のスピード出世(幕下付け出しを除く)。元世界ジュニア選手権無差別級覇者の佐藤は、貴乃花親方(元横綱)が育てた初の日本人関取。

 再十両は元幕内の玉飛鳥(33)=本名高橋大輔、愛知県出身、片男波部屋=だけで、3場所ぶりの復帰を決めた。

 若圭翔ら12人の引退も発表された。

「スポーツ」のランキング