産経ニュース

【プロ野球】12球団共同声明、浄化に全力で取り組む

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球】
12球団共同声明、浄化に全力で取り組む

 プロ野球で野球賭博問題やチームの勝敗に絡む現金授受が相次いで判明したことを受け、12球団は23日、東京都内で代表者会議を開き、共同声明を発表した。25日の公式戦開幕を前に、球界全体で再発防止に取り組む姿勢をアピールした。

 野球賭博や試合の勝敗に絡んだ現金授受について新たな事案は報告されなかった。パ・リーグの理事長を務める西武・関洋二球団専務は、熊崎勝彦コミッショナーから指示を受けた野球賭博問題に関する各球団の再調査について「一定の区切りと考えている」と話した。

 声明では「12球団は、このたびの読売巨人軍における野球賭博問題を重く受け止め、有害行為を再び起こさないよう、球界の浄化に全力で取り組み、ファンの皆様の信頼回復に最善の努力を尽くします」などと再発防止を誓っている。

 高木京介元選手が22日に1年間の失格処分を受けるなど、野球賭博問題で昨年から計4人の処分者を出した巨人は共同声明を受け「各方面に多大なご迷惑をお掛けし、あらためて深くおわび申し上げます」とのコメントを発表した。

「スポーツ」のランキング