産経ニュース

【シャラポワ・ドーピング問題】シャラポワ、今度は「親善大使」停止 ドーピングで国連開発計画

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【シャラポワ・ドーピング問題】
シャラポワ、今度は「親善大使」停止 ドーピングで国連開発計画

 ドーピング検査で禁止薬物のメルドニウムに陽性反応を示した女子テニスのマリア・シャラポワ(ロシア)が、務めていた国連開発計画(UNDP)の親善大使の職務を一時停止されたことが分かった。15日、ロイター通信などが報じた。

 2007年にUNDPの親善大使に就任したシャラポワは、1986年のチェルノブイリ原発事故からの復興を支援する活動などを行っていた。(共同)

「スポーツ」のランキング