産経ニュース

【柔道】帝京科学大柔道部で暴力 あご骨折させる 全柔連が処分検討

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【柔道】
帝京科学大柔道部で暴力 あご骨折させる 全柔連が処分検討

 帝京科学大(東京都足立区)は3日、柔道部で昨年12月に3年生の男子部員が2年生の男子部員を殴って、あごを骨折するけがを負わせていたことを明らかにした。大学から報告を受けた全日本柔道連盟(全柔連)は3日に懲戒委員会を開き、処分を検討する。

 暴力は寮の食堂で起こり、殴られた学生は全治1カ月で一時入院。大学は調査委員会を設置して部員に事情聴取などを行い、今年1月に乙黒靖雄部長を部長職から外し、謹慎処分とした。2月には加害学生に4カ月の停学処分を科した。大学は「いかなる暴力も許さないと指導してきたが、問題が起きた。被害者に申し訳ない。再発防止に努める」と述べた。

 帝京科学大の柔道部は2010年に発足し、男女計約70人が所属。柔道界では13年に日本女子代表での暴力指導問題が発覚し、全柔連は暴力根絶に取り組んできた。

「スポーツ」のランキング