産経ニュース

【競馬】16年ぶり誕生の女性騎手・藤田菜七子、3日の川崎でデビュー 6戦騎乗

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【競馬】
16年ぶり誕生の女性騎手・藤田菜七子、3日の川崎でデビュー 6戦騎乗

3月3日の川崎競馬のデビュー戦でコンビを組むレガリアシチーと藤田菜七子騎手=美浦トレセン(撮影・白石智彦) 3月3日の川崎競馬のデビュー戦でコンビを組むレガリアシチーと藤田菜七子騎手=美浦トレセン(撮影・白石智彦)

 日本中央競馬会(JRA)で16年ぶりに誕生した女性騎手、藤田菜七子(18)が、3日の川崎競馬でデビューすることになった。同日の各レースの枠順が1日に発表され、第1レースを皮切りに計6レースに騎乗する。

 中央競馬では、5日の中山で初お目見えする見込みだが、これに先立ち、地方競馬ファンの前で“ひな祭りデビュー”。第10レースの指定交流競走では、自らが所属する根本康広厩舎のレガリアシチーに騎乗し、GIを勝っている柴田大知らJRAの実力騎手とも手綱さばきを競う。

「スポーツ」のランキング