産経ニュース

【五輪エンブレム見直し】選考に影響懸念 宮田委員長が文化庁長官就任で 組織委が続投要請

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【五輪エンブレム見直し】
選考に影響懸念 宮田委員長が文化庁長官就任で 組織委が続投要請

文化庁長官に就任する宮田亮平氏 文化庁長官に就任する宮田亮平氏

 2020年東京五輪・パラリンピックの新たな大会公式エンブレムを選ぶ大会組織委員会エンブレム委員会の宮田亮平委員長(東京芸術大学長)が4月1日付で文化庁長官に就任することが26日、決まった。大詰めを迎えるエンブレム選考への影響が懸念され、組織委は同日「最終局面なので、委員長はぜひ継続していただきたい」として宮田氏に続投を要請したことを明らかにした。

 宮田氏は、盗作疑惑が拡大した佐野研二郎氏作成の旧エンブレムが昨秋に取り下げられてから、新エンブレム選考を主導してきたキーマン。組織委は1月に4作品まで絞り込んだエンブレムの最終候補の商標調査と商標登録の手続きを進めており、ヤマ場の最終審査はこれからだ。決定時期は見通せず、4月以降にずれこむ可能性もある。

 宮田氏の続投が可能かどうかは文部科学省や文化庁、組織委の協議で決まる予定で、馳浩文科相は「国家公務員の兼職規定に従って対応する」と語った。

「スポーツ」のランキング