産経ニュース

【プロ野球通信】打線を支える裏方・打撃投手の「打たせる技術」とは何か?

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球通信】
打線を支える裏方・打撃投手の「打たせる技術」とは何か?

ヤクルト・川端のタイトルも打撃投手の技術があってこそだ ヤクルト・川端のタイトルも打撃投手の技術があってこそだ

 プロ野球には華々しく活躍する選手を支えるべく、多くの「裏方」と呼ばれるスタッフが存在する。用具係やスコアラー、ブルペン捕手など役割はさまざま。打撃投手もチームを構成する重要な仕事だ。

 通常、打撃投手は現役を引退した投手が務めるケースがほとんど。昨季14年ぶりにリーグ優勝したヤクルトには、捕手出身という珍しい打撃投手がいる。

 福川将和さんは2002年にドラフト5位でヤクルトに入団。プロ9年で305試合に出場し、12年に現役を引退するとブルペン捕手に転じた。球団から打撃投手を命じられたのは昨年のキャンプ終了後。選手らとの自主トレで打撃投手をやっていたこともあり、その役に就いた。元来、捕手の投げ方は球の出どころが見やすいため打ちやすいといわれ、オールスターゲームのホームラン競争で巨人の阿部が打撃投手をかって出たこともある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 打線を支える裏方・打撃投手の「打たせる技術」とは何か?
  • 打線を支える裏方・打撃投手の「打たせる技術」とは何か?
  • 打線を支える裏方・打撃投手の「打たせる技術」とは何か?

「スポーツ」のランキング