産経ニュース

【世界体操】日本男子、37年ぶり団体金メダル!

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【世界体操】
日本男子、37年ぶり団体金メダル!

男子団体決勝 世界選手権で37年ぶりの団体金メダルを獲得し喜ぶ内村(左から3人目)ら日本男子=グラスゴー(AP)

 【グラスゴー(英国)=宝田将志】体操の世界選手権は6日目の28日、グラスゴーのSSEハイドロで男子団体総合を行い、日本が270・818点で1978年ストラスブール大会以来、37年ぶりの優勝を飾った。世界大会では2004年アテネ五輪以来となる金メダルを獲得し、来年のリオデジャネイロ五輪に向けて大きな弾みを付けた。

 日本は内村航平(コナミスポーツク)、田中佑典(同)、加藤凌平(順大)、早坂尚人(同)、萱和磨(同)、白井健三(日体大)のメンバーで出場した。

 25日の予選で、エースの内村が床運動の演技中に頭を強打し、首を痛めるアクシデントがあったが、日本はその予選を2大会ぶりにトップで通過すると、決勝でも序盤の床運動、あん馬で高得点をそろえ、世界大会7連覇中の王者・中国を突き放した。2位は英国、中国は3位に終わった。

 団体総合で日本は1960年ローマ五輪から78年ストラスブール世界選手権まで10連覇を達成。アテネ五輪の優勝を最後に、昨年、中国・南寧で行われた世界選手権でも中国に0・100点差で敗れるなど世界大会は6連続で銀メダルが続いていたが、ついに悲願を達成した。

このニュースの写真

  • 日本男子、37年ぶり団体金メダル!
  • 日本男子、37年ぶり団体金メダル!
  • 日本男子、37年ぶり団体金メダル!
  • 日本男子、37年ぶり団体金メダル!
  • 日本男子、37年ぶり団体金メダル!

「スポーツ」のランキング