産経ニュース

【野球賭博】新たに巨人2選手が関与 笠原と松本 NPBが発表

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【野球賭博】
新たに巨人2選手が関与 笠原と松本 NPBが発表

巨人の(左から)福田聡志投手、笠原将生投手、松本竜也投手

 笠原投手は福岡工大城東高から2008年ドラフト5位で巨人に入団した右腕で、今季は中継ぎとして20試合に登板して勝敗はつかなかった。松本投手は11年ドラフト1位で香川・英明高から入団した左腕で、1軍経験はない。

 大鶴委員長によると、削除されたSNSやメールなどを復元、解析した結果とヒアリングから判明したもので、「現段階では他球団の選手の関与はなく、八百長行為も認められない」と説明。また反社会的勢力との関係も含め、引き続き調査する方針。

 またいずれの選手についてもいわゆる八百長行為は認められないため、永久資格停止も規定された野球協約177条ではなく、賭博行為や野球賭博常習者との交際禁止を定めた180条の違反に当たるとしている。

 ■久保博・巨人球団社長「野球賭博をしていた選手が3人にのぼり、痛恨の極み。プロ野球ファンの皆様、関係者の皆様に深くおわびします。コミッショナーが下す処分が決まった時点で、球団としても厳しい処分を行います。2度とこうしたことを起こさないよう、全力で取り組む所存です」

このニュースの写真

  • 新たに巨人2選手が関与 笠原と松本 NPBが発表

「スポーツ」のランキング