産経ニュース

スポーツ庁発足、鈴木大地長官が初登庁 東京五輪へ選手強化や普及が目的

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


スポーツ庁発足、鈴木大地長官が初登庁 東京五輪へ選手強化や普及が目的

 鈴木大地氏

 スポーツ行政を総合的に推進するスポーツ庁が1日、文部科学省の外局として発足した。民間から初代長官に就任した1988年ソウル五輪競泳金メダルの鈴木大地氏(48)も初登庁し、出迎えた職員から歓迎の花束を贈呈された。

 鈴木長官は、下村博文文部科学相から大臣室で「頑張ってください」と辞令交付を受けた後、文科省の旧庁舎正面玄関前で行われたスポーツ庁の看板除幕式に出席。真新しい看板がお目見えすると、見守った大勢の職員から拍手がわき起こった。

 スポーツ庁は同省スポーツ・青少年局を母体に、外務、経済産業、厚生労働など7府省の職員を加え、約120人体制でスタート。5年後の2020年東京五輪・パラリンピックに向けた選手強化や、スポーツの普及・振興に取り組む。鈴木長官は職員への訓示で「皆さんとともにスポーツを社会の発展につなげるべく、精進したい。5年後、10年後にスポーツ庁を作ってよかったと言われる組織にしたい」と力強く語った。

「スポーツ」のランキング