産経ニュース

【スポーツ Catch Up】音だけが頼りの恐怖…ブラインドサッカーの人気がジワリ 香川や大儀見も日本代表を激励

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【スポーツ Catch Up】
音だけが頼りの恐怖…ブラインドサッカーの人気がジワリ 香川や大儀見も日本代表を激励

韓国との3位決定戦に臨む日本の選手たち(青ユニフォーム)=国立代々木競技場フットサルコート

 視覚障害者と健常者が協力してゴールを目指すブラインドサッカーのアジア選手権(東京・国立代々木競技場フットサルコート)が9月7日閉幕した。日本は4位に終わり、2位以内に入ると得られるリオデジャネイロ・パラリンピックの出場権を逃した。それでも連日大勢の観客が詰めかけ、盛り上がりという意味では成功。サッカー日本代表の香川真司(ドルトムント)ら多くのアスリートが「ブラサカ」日本代表に激励のメッセージを送るなど、ブラインドサッカーへの関心を一気に高めた大会となった。

 ブラインドサッカーは視覚障害者らが楽しめるよう考案されたスポーツだ。フットサルと同じコートを使用し、1チーム5人で対戦する。GKは目が見える人が務め、それ以外の選手は障害の程度による差をなくすため、アイマスクを着用。ボールは転がると「カシャカシャ」という音がし、この音とGKやコート外の味方の指示を頼りにプレーする。パスを極力減らし、ボールを持った選手が足に吸い付くようなドリブルで相手ゴールに迫るのが攻め方の定石だ。

このニュースの写真

  • 音だけが頼りの恐怖…ブラインドサッカーの人気がジワリ 香川や大儀見も日本代表を激励
  • 音だけが頼りの恐怖…ブラインドサッカーの人気がジワリ 香川や大儀見も日本代表を激励

「スポーツ」のランキング