産経ニュース

【女子テニス】“ヒンギス2世”18歳ベンチッチ、元世界1位破り決勝へ 東レパンパシOP

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【女子テニス】
“ヒンギス2世”18歳ベンチッチ、元世界1位破り決勝へ 東レパンパシOP

シングルス決勝進出を決めたベリンダ・ベンチッチ=有明コロシアム

 18歳のベンチッチが元世界ランキング1位のウォズニアッキをストレートで破り、決勝進出を決めた。2度のツアー優勝をいずれも今年達成したスイスの新鋭は「今も一つ一つ勝つことが本当にうれしい。決勝進出は5度目だけど、非常にエキサイティングな体験」と笑顔がはじけた。

 10代で四大大会を5度制し、“天才少女”と呼ばれた同国のマルチナ・ヒンギスの母、メラニー・モリター氏に師事。現役復帰したヒンギスとはダブルスのペアを組み、前回大会では8強入りした。「メラニーはスイスに戻って練習する際、崩れた技術を戻してくれる。ヒンギスは戦術を話してくれるし、完璧な組み合わせ」。球の跳ね際をたたく「ライジングショット」を駆使した技巧派のプレースタイルには“ヒンギス2世”の呼び名もついた。

 第1シードのウォズニアッキにも臆することなく左右に揺さぶり、今年4戦4勝とした。「期待されている以上の結果を残せているし、重圧はない。明日も楽しみたい」。ヒンギスが5度制した大会の頂点へ、無欲で突き進む。(奥村信哉)

「スポーツ」のランキング