産経ニュース

【陸上】桐生、復帰2戦目は向かい風で10秒19 日本学生対校より「試合感覚は良い」と状態を確認

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【陸上】
桐生、復帰2戦目は向かい風で10秒19 日本学生対校より「試合感覚は良い」と状態を確認

陸上関東学生新人選手権の100メートルに出場し、10秒19で優勝した桐生祥秀=上尾運動公園陸上競技場

 2週前の日本学生対校で、右脚故障から実戦に戻った桐生は、大学1、2年生対象の関東学生新人を、復帰2戦目に選んだ。すでに日本一にもなった19歳にとっては小さな舞台。それでも「良いリラックスで臨める。今はレースをすることが大事」と土江コーチは位置づけた。

 結果は向かい風0・5メートルで10秒19。リオデジャネイロ五輪の参加標準記録である10秒16を切れなかった桐生は「ちょっと納得いなかい」と首をひねった。それでも、10日前の日本学生対校決勝が追い風0・5メートルで同じ10秒19だったことを考えれば悪くない。

 スタートの出遅れたを除けば、中盤から加速できた点など全体的なレースの流れを取り戻しつつあるという。「試合の感覚は日本学生対校より良い」。全開に向けて少しずつ前に進んでいる。(宝田将志)

「スポーツ」のランキング