産経ニュース

【レスリング】レスリング会長がけじめのスキンヘッド、世界選手権男子惨敗で

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【レスリング】
レスリング会長がけじめのスキンヘッド、世界選手権男子惨敗で

男子不振の責任を取り、頭を丸刈りにした日本レスリング協会の福田富昭会長

 日本レスリング協会の福田富昭会長は14日、米国・ラスベガスで行われた世界選手権で、男子が来年夏のリオデジャネイロ五輪の出場枠をグレコローマン、フリーの各スタイルとも1つも取れなかった結果を受け、「合宿などで公のお金もいただいて強化してきたにもかかわらず、非常に情けない結果に終わり、本当に申し訳ない」と陳謝した。

 吉田沙保里(ALSOK)ら6階級のうち5階級で出場枠をつかんだ女子の帰国会見に出席するため、成田空港に姿を見せた福田会長は、頭髪を剃ったスキンヘッドで登場。進退伺を出す意向を示していた栄和人強化本部長をはじめ、現体制を続投させる意向を明らかにした上で「すべての責任は会長にある」と“けじめ”をつけた格好だ。

 再建が急務の男子について、「格闘精神をたたきこむ必要がある」と強調した。

「スポーツ」のランキング