産経ニュース

【五輪エンブレム・佐野さん会見】(2)「デザインに対する考え方が全く違う、全く似ていない」と佐野さん、エンブレムは「AからZ、0から9まで作り、展開できる設計」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【五輪エンブレム・佐野さん会見】
(2)「デザインに対する考え方が全く違う、全く似ていない」と佐野さん、エンブレムは「AからZ、0から9まで作り、展開できる設計」

東京五輪の公式エンブレムについて記者会見する佐野研二郎氏=5日午前、東京都港区

 佐野さん「このように形を変え、文字、パターンになることが可能です。さまざまな展開をしていく。今までにないアイデンティティーになっていると思います。エンブレム(のパーツ)がAからZ、0から9までを作ったり、1つのエンブレムにしないで、展開できる設計になっています。説明は以上です。ご質問に丁寧に答えていきたいと思います」

 《組織委の槙マーケティング局長が追加で説明を加えた。AからZのアルファベットや1~9の数字への展開は、計画的に順次、展開していく予定だったが、佐野さんと組織委の意図を伝えるために会見で披露したという。質疑応答が始まった》

 --ベルギーの劇場のエンブレムを見たときに、似ていると思わなかったか。また、デザインを作成する際、一般的はどのような確認作業をするのか

 佐野さん「僕自身、ロゴを見たとき、要素は同じものがあるが、デザインに対する考えが全く違うので、全く似ていないと思いました。自分の周り、経験の範囲では調べるが、世の中のロゴマーク全てを調べるとかいうことになってしまう。今回は、国際商標を取るという高いハードルがあり、OKが出ています。全く問題ないと思っています」。

=(3)に続く

「スポーツ」のランキング