産経ニュース

【五輪エンブレム・佐野さん会見】(2)「デザインに対する考え方が全く違う、全く似ていない」と佐野さん、エンブレムは「AからZ、0から9まで作り、展開できる設計」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【五輪エンブレム・佐野さん会見】
(2)「デザインに対する考え方が全く違う、全く似ていない」と佐野さん、エンブレムは「AからZ、0から9まで作り、展開できる設計」

東京五輪の公式エンブレムについて記者会見する佐野研二郎氏=5日午前、東京都港区

 《2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場のロゴなどと似ていると指摘された問題で、エンブレムをデザインしたアートディレクターの佐野研二郎氏の会見が続いている。冒頭の大会組織委からの説明が終わり、佐野さんに説明の順番が回ってきた。佐野さんは、背筋を伸ばし、マイクを握りしめた》

 佐野さん「ベルギーのデザイナーの方から指摘を受け、大変、驚いています。全く事実無根である。誓って申し上げるが、これまでの知識、経験、キャリアの集大成の作品です。日本でオリンピック、パラリンピックが開催されることとなり、1人のデザイナーとしてチャンスを得たのは光栄なこと。大いなる情熱をもって臨み、ブラッシュアップし、類を見ないデザインができた。自信を持って世の中に送り出せるものになった」

 《ここで、佐野さんは手元のボードを掲げた。デザインの基調となった「T」の文字が2つの書体で書かれている。説明は、エンブレムのデザインの着想について移っていった》

 佐野さん「一つの核を見つけたいと思い、『T』に注目しました。このディド、ボドニという2つは広く使われている書体です。力強さと繊細さが両立している書体、このニュアンスを生かせないかと発想が始まりました」

「スポーツ」のランキング